8/02/2021

 すっかりご無沙汰してしまいました。テレビではオリンピックの模様が映し出されています。日本のメダルの数が増えれば歓声をあげていますが、私の楽しみの一つは屋外競技で映し出される周りの景色。なんだか私も日本にいるみたいで、この2年遠い国だった日本が急に近くに感じられるようになりました。


その反面日本でのコロナ感染者の数は増えているようで、心配しています。イギリスでは感染者の数は減っているとは言え、入院患者数が増えています。そしてワクチンの接種は進んでいますが、若い人がコロナ感染の危険性を自覚していないようで、ワクチンをすればケバブなどのファーストフードのバウチャーがもらえるようにするとか・・・・・しないとか。もし本当であれば情けない話ですね。まるで5歳児。


さて、先日久しぶりに家族と外食をしてきました。人が集まる屋内は避けて、天井のない庭のような場所があるイタリアレストランでランチです。親せきの家の近くのハイストリートでは、外に椅子のある席は満席。



中はかなり席があるのですが、コロナの関係で距離感を保っているせいか、ガランとしています。2年ぶりの親せきとの外食がこんなに楽しいことを改めて感じた次第です。


このイタリアレストランでは特にピザが美味しいので、以前にもよく行きました。今、イギリスのレストラン、カフェでヴィーガン料理を提供していないところはないと思うほどヴィーガンは日常生活に浸透してきました。事前にチェックしなくてもほとんど大丈夫。



ところで、今回のオリンピックでホリデー先の日本が益々注目を集め出しました。競技のアスリートたちのインタビューでも、いかに日本が素晴らしいか、日本人が親切で、食事が美味しいかを興奮して話しています。完ぺきな宣伝ですね。


日本食ブームも一向に衰える気配はありません。先日行ったイタリアレストランと同じハイストリートにある「寿司マニア」というレストラン。食べ放題、バイキング形式のお寿司屋さんです。5年くらい前にできたこのレストラン。オープンした時は、「どのくらい持ちこたえるかな?」と半信半疑でしたが、いまだに、それもコロナ渦の影響も大したことはなかったのか、いまだに営業しています。




食べ放題で18ポンド80ペンス!




「カツカレー」と言う言葉も、今ではレストランだけではなくスーパーでさえ聞かれるようになりました。オリンピックを見ながら、益々世界が縮まってきていることを感じています。




7/12/2021

ニルギリから象がやって来た!

 数日まえ、パスポートの申請にロンドンのグリーンパークの向かいにある在英日本大使館に行ってきました。ロンドンに出るのは2年ぶりくらいでしょうか。昔は毎日仕事で通ったロンドン。ロンドンを離れていた時間がまるで存在しなかったかのように「わが町」という気持ちになりました。大使館で申請を済ませ、せっかくだからグリーンパークを抜けてバッキンガム宮殿、セント・ジェイムズ公園を通ってナショナル・ギャラリーで絵を鑑賞と予定を立てて歩き始めました。



グリーンパークを歩いていると向こうに象の群れらしきものが見えてきました。まさか象ではあるまいし・・・・・・と思って近寄ると、それはやっぱり象でした。それもものすごい数の象!




この象たちは、紅茶でも知られる南インドのニルギリの人たちによって作られました。 そこでは25万人の人たちが、150頭の野生の象と仲良く暮らしています。




深刻な環境問題を抱えている地球で、人間と動植物がうまく共存して生きる地球でなくてはならないことを訴えるのが、グリーンパーク他、イギリスの各地にやってきたこの象たちの使命です。2万キロに及ぶ旅行で500頭以上の象たちは世界中の国々に自然と人間の調和した共存を呼びかけているのです。イギリスには100頭以上が来ました。象たち、あまりに本物そっくりで周りはすでにグリーンパークではなく、ニルギリにいるような錯覚に陥りました。そして私も象たちと一緒に暮らしている・・・・・幸せな気持ちになります。




象たちはランタナ・カマラという植物でできています。日本でもイギリスでもガーデン用に育てられていますが、実は繁殖力が強すぎて、しかもその種は毒だそうでインドではありがたくない植物です。そこで、動物を守るためにも、村の人たちはこれを刈っているそうですが、それが今回はこのような美しい象に変身したというわけです。

このプロジェクトの名前は正に「CoExistance(共存」です。そして、象たちの旅が終わると誰でもそれを買うことができます。




サイズによって値段も違います。一番小さな赤ちゃん象は100キロの重さで6000ポンド、300キロの中くらいの象は22,000ポンド、そして一番大きな350キロの象は3万ポンドで、収益金は全て野生動物の保護に使われるとか。是非日本にも行って欲しいです。

大きな庭があって、お金もあったらこの象一家族を引き取りたいです!!



7/06/2021

コロナと共存社会

今日からハンプトンコート宮殿のフラワーショーが始まります。2019年以来です。


2014年のハンプトンコート宮殿の写真です。







 イギリスではコロナ感染者がどんどん増えています。その数は9日おきに倍になっているとか。それなのに今月19日にはロックダウンの規制がかなり緩和されるようです。何故?

今朝のニュースで新しい健康大臣のインタビューがありました。つまり、「Covid -19(新型コロナウィルス)はこれから先消えることはなく、共存していかなくてはならない。幸いワクチンの接種が広まり、5分の4の大人が少なくとも1回、5分の3の大人が2回受けている。今月の19日までには40歳以下の人は最低一回の接種を受けられるようになるし、1回目と2回目の期間を8週間とするつもりだ。」など言っていましたが、今日中に更に詳しい記者会見があるとか。

現在一日の感染者は2万5000人。ロックダウンがほぼ解除の19日まであと2週間足らず。そのころには5万人になるだろうと健康大臣は言っています。そんな中で一気にほぼ解除というのは無茶な気もしないではありません。

でもパンデミックの間感染者を重要視し、他の病気を持つひとの治療がかなり遅れているので、まずは入院を少なくすることが大事です。Covid-19以外、癌などの重病人の治療が遅れていることは大きな問題になっています。ワクチンを受けるとCovid -19で入院する人の数が90%以上減るとか。

私のマスクも洗濯しながら色々使っています。先日はイギリス在住の日本の方が(お名前が日本の名前なのでそう思います)作られたマスクを購入しました。



これからは、コロナを恐れて近づかないようにするより、コロナと共存しながら気を付けて暮らすようになりますね。インフルエンザのように毎年ワクチンをして、万が一罹っても重病にならないように自宅で療養し、あとは時間と免疫に任せるようになるのでしょうね。まずはワクチンです。そして何事も免疫です!自分でできる事として免疫を付ける食べ物を沢山摂ってコロナに負けないように生きていくしかないですね。

6/27/2021

イギリスの動物園から象が消える日

 子供が小さかった時、動物に接する機会を多く持たせたいと願って機会があれば動物園やサファリパークに連れて行っていました。おりの中に入れられたサルやキリン。子供たちはそれなりに楽しんでいました。


そしてしばらくたって、実は動物たちが不自然な環境で生きているのを子供に見せてしまったことに気が付きました。

今朝知ったことは、イギリスでは動物園で象を飼うことを禁止するという記事です。ライオン、キリン、象・・・・・それらの動物はアフリカなどの自然で生きるべき動物です。イギリスではサーカスで動物を使うことはすでに禁止されています。



小さいときに両親に連れられて、よく動物園に行っていました。熊はオリの中を端から端へ行ったり来たりしていました。私の中での熊は自由に走り回る熊ではなく、織の中で同じ行動を繰り返す動物だったのです。そのころは熊が走ることも知りませんでした。また同じく小さなオリの中で飼われていたイタチも行ったり来たりするばかりで動物ってそんなものなのだと思っていました。


後になって、行ったり来たりする行動は動物のストレスから来ていることを知り、唖然としました。あの熊もイタチもとても不幸だったんだと知った時のショックは相当なものでした。


動物は、その動物の環境に合ったところで暮らすのが一番です。イギリスでキリンやライオンを見る必要はありません。その動物に合った環境で幸せに生きている動物を見せてあげることが子供の教育ではないでしょうか。


6/23/2021

イギリスの紋章の話

 今月のオンライントークは「薔薇と紋章」というテーマで行いました。あまり日本の方には馴染みのないイギリスの紋章で、テーマを決めた時は「果たして興味を示してくださる方がいらっしゃるのか?」という心配がありました。でもイギリスと言う国を知る上で、またイギリスの歴史を見るためにはとても便利なものが紋章ですので、思いきってテーマにしました。

そしてお話しする内容を考えているうちに、この題を選んだことをちょっと後悔しました。というのは、紋章学というのは奥がとっても深くて一生かかって研究する人もいるくらいです。それを薔薇に関することも含め1時間でお話しすることは無理!と思ったからです。また、皆さんにわかりやすく説明できるかな?という疑問もありました。一応お話しすることを書き留めましたが、時間を計ったら2時間!どんどんカットしてやっと1時間15分くらいにまとめられました。

女王の紋章



ところが告知を始めてすぐに定員をオーバーするお申し込みで、追加トークの日を設けたくらいです。皆さんに興味を示していただいたことがとてもうれしく励みになりました。


イギリスでは紋章はエリザベス女王から直接管理を任されている紋章官が統括しています。紋章院総裁であるアールマーシャルは代々ノーフォーク公爵が受け持っていて、ノーフォーク公爵は公爵の中でももっとも位の高いプレミア公爵のタイトルを持ち、その下で13人の紋章官が仕事をしています。彼らは紋章院総裁の推薦で女王が任命します。そして女王のお供で大事なセレモニーに出席するのも彼らです。


この紋章官は、最初は伝令官で、戦争の時などのメッセンジャーがお役目だったので、それとわかるように派手な服装をしています。



紋章の大事なことは過去にあった同じ紋章を使ってはいけないこと、一目見て持ち主のことがわかるものでなければいけません。イギリスでの最古の紋章の記録は1226年のもの。紋章院には今までの全ての紋章が保管されていますから、新しい紋章を作る場合はそれらと同じもの、または似たようなものを作ることができないということです。そのアドバイスをするのが紋章官の仕事です。そんなにすごい専門知識のある紋章官ですが、紋章院から受けるお給料は年間2000円から7000円 !

最低賃金を支払わなければ訴えられる世の中です。雇い主の女王様は訴えられないのか?と思いますが、一応彼らはフリーランスということになっているので大丈夫らしいのです。その辺のところは彼らとボスの(女王様)間で特別な契約があるのかも?一年に2000円なんて、ロンドンの往復の地下鉄代がやっとという額!


ところで女王様の紋章にはスコットランドで使われる紋章と、スコットランド以外のイギリスで使われる紋章があります。下の写真はスコットランドで使われる紋章です。


スコットランドでのエリザベス女王の紋章


どこが違うのか?どうして?など皆さんと一緒に考えながら無事「薔薇と紋章」に関してのトークは終わりました。


今回は固いお話になってしまったので、次回はイギリスらしい田舎のひとつコッツウォルズを前編(7月14日)後編(7月17日)に分けて2回お話しします。お茶を飲みながらリラックスして聴いていただこうと思います。

告知を始めて24時間以内に前編が定員を超えてしまいました。そこで、少し様子を見ながら追加トークの日を設けることも考えています。

詳しくはCulture Tourism UKのホームページをご覧ください。

http://culturetourismuk.com/



6/06/2021

The Show Must Go On  ショーは続く

 コロナ渦で人々が口癖のように言っているのが、「ロックダウンが解除されても以前の生活に戻ることはあり得ない。」ということ。これをただ聴くだけだと、否定的に聞こえます。でもちょっと待って。以前のような暮らしはあり得ないとは思いますが、以前よりもっと良い暮らしが待っている可能性もあります。そしてもっと良い暮らしをするかどうかは本人次第ということでしょうね。


私が、コロナで学んだことの一つにコミュニティ精神、そしてもっと大規模に世界的にみて人々のつながりの大切さです。100歳になろうとしているキャプテン・トムが自宅の庭を100回往復することでNHS国民医療機関のための募金運動を始め、最初のターゲットの14万円をはるかに超えた40億円以上を集めたことは世界中の話題になりました。




その後彼にインスピレーションを受けた人たち、子供までが募金活動を始め、今では毎日のようにどこで誰が何のためのチャリティ募金を行っているかが報道されています。

先日は息子の誕生日だったのですが、プレゼントの一つがこのTシャツとバッジ、マグネットでした。




コロナで職を失った人たちは多くいます。その中には旅行関係の人たちも含まれます。Show Must Go On・・・・・これは役者さん、パーフォーマンスに関わる人達のために立ち上げられたチャリティ活動の一環で品物を売った収益金が金銭的に苦しい人たちを助けるというもの。

The Show Must Go On  とは「舞台裏でどんなことがあっても、ショーは観客のために続けなければいけない」という演劇の世界のキャッチフレーズですが、コロナも例外ではありません。
中のアルファベットはロックダウン以前人気のあったミュージカル、「マンマ・ミア」や「ハミルトン」などのタイトルの中にも使われています。

その下には収益金の行先が表示されています。





多くの俳優がサポートしています。下はジュディ・デンチ。




これから欲しいもの、プレゼントに至るまで、今までの買い物の習慣に変化が起こってくることでしょう。

6/01/2021

6月のオンライントーク

 



昨日までイギリスは三連休。太陽が最も少ない5月と言われた今年、最後にやっとお日様が機嫌を取り戻してくれたかのようです。人々の動きも活発にる一方で、インド型変異株の広がりが気になるところです。

さて毎月開催しているオンライントークも早いもので6月は10回目を迎えます。毎回定員は30名ですが、6月の「薔薇と紋章」のトークはお申し込み者も多く、現在19日も同じタイトルで開催することを考えています。

興味のある方はご連絡ください。

 開催日:6月16日(水曜日)19日(土曜日)

時間: 日本時間  20時

タイトル:「薔薇と紋章」

 定員:30名

料金:¥1000

お申し込み:info@culturetourismuk.com