2/27/2021

春とともに希望の明かり。

日本の家族から雪に埋もれた街並みの写真が送られてきます。北海道はまだまだ冬が去ってくれないみたいです。

反対にイギリスでは長い冬が終わり、やっと春到来を感じさせるここ2,3日の気候です。今日は、散歩の時に出会った春を皆さんとシェアーしたいと思います。

不思議なことに、毎年春を感じるときは「まるで○○の春みたい。」と場所を思い出します。昨日の春は「東京の春」を感じました。はっきりした理由はないのですが、その時の太陽の光の当たり方だとか、空気の香りとか・・・・そんなものが私が今まで暮らしてきた場所と共通点があるからかもしれません。


昨日の空はまぶしいほどの青でした。




ここ1年、散歩に行くたびにred kiteというトビが円を描きながら飛んでいるところを見かけます。保護鳥になったおかげで、絶滅の危機にあったのが今では数も増えているようです。写真で見ていただけないのが残念ですが、「ピー、ヒョロロー」と鳴きながら私たちの真上を飛んでいきます。主人は、私たちの上を飛ぶのは、いつも同じトビだと信じているようです。ここ1か月ほどは家の上にも見られるようになりました。




そろそろ水仙も咲き出しました。家の近くの野原には見事な数の水仙があります。でも満開まであと一週間くらいはかかりそう。




今はクロッカスが満開です。


コロナのロックダウンが緩和されてきた現在も、5分の1の地域では感染者が増えているとのこと。現在約3人に一人がワクチンの接種を少なくとも一回は終えているという状況の中、ここで油断すれば今までの努力が水の泡です。


発表によれば、これから更に解除に向けて段階的に緩和が実施されるようです。そして(今のところ)6月21日には社会的接触制限完全解除とのことです。


春と同時に近い将来の光が見えだしました。ロックダウン完全解除までもう少しの辛抱です。昨日のハンコック保険大臣の記者会見では、イギリス人の94%が、ワクチン接種をすでに済ませているか、または順番が来たら受けると言っているそうです。安心してどこへでも行ける日が遠くないと感じるこの頃です。

2/20/2021

10年前にご案内したお客様から。

 昨日カルチャーツーリズムUKによる第五回目のオンライントークを終えました。自分でそう思っているだけかもしれませんが、Zoomの操作もほんの少しずつ慣れてきました。それでも、毎回参加者でコンピューターに強い方が助けてくださっています。つくずく、このオンライントークは皆さんと一緒に歩んで行っていることを感じています。

昨日のトークは湖水地方の北側の景観が綺麗な場所、そのウォーキング、詩人ウィリアム・ワーズワース、レストラン、宿泊施設などのことをお話ししました。








参加された方、本当にありがとうございました。トークは、どうしても時間オーバーになってしまって、その後のおしゃべり会は一応30分の予定が気が付いたら1時間以上経っていました。イギリス時間ではまだお昼ですが、日本では10時半! 「退場はお好きな時に」とお話ししていましたが、多くの方がお付き合いくださって感謝です。画面をOFFにして聴くだけの方もきっと眠かったでしょうね。

そして、参加者の方々がイギリスに関する新しい情報、経験談などを語ってくださって内容の濃い時間でした。そして何より参加者の方々の交流がうれしく思いました。

さて、そのトークでもお話ししましたが、一昨日10年も前にご案内した福岡のお客様からメールをいただきました。イギリスには園芸好きに人気のGardeners' WorldというBBCのテレビ番組があります。そのソーシャルメディアでお客様のイングリッシュガーデンが紹介されたとのこと。














早速あの時のツアーを手配された元ワールドブリッジ社の方にお伝えしました。このツアーがきっかけでイングリッシュガーデンに興味を持たれたとのこと。私も、とてもうれしくて何度も動画を拝見しました。是非皆さんもご覧ください。


 
 

次回オンライントークは3月20日(土曜日)に「イギリスの春&イースター」を開催します。
詳しくは カルチャーツーリズムUK のホームーページをご覧ください。




2/16/2021

オンライントーク 第4回目無事終了

 昨日のカルチャーツーリズムUK主催による第4回目のオンライントーク「湖水地方 その1

」は無事終了いたしました。今回は定員を上回る大勢の方々にお申し込みいただきました。

皆さんとご一緒に、私としても大いに湖水地方を楽しみました。ありがとうございました。



この一年、自粛生活で外出もせずじっとしていましたが、けっこうすることがあって退屈はしていませんでした。日本の方々との接触がなくなったことに寂しさを感じていましたが、オンライントークのお蔭でそれも最小限に留まっています。

でも今回の湖水地方の写真を整理しながら、あの空気、美しい自然が懐かしく、旅行に出たい気持ちがどんどん大きくなってきました。今年は無理かもしれませんが、来年は今までの反動で日本からの旅行者が増えるのではないでしょうか? 湖水地方のツアーで皆さんをご案内できる日を心待ちにしているこの頃です。

で、いつもながら間違いをお客様にご指摘いただきましたのでお知らせします。ベアトリクス・ポターの説明の際に「ヒルトップ・ファームが『猫のサミュエルのおはなし』に使われた」と言いましたが、実際は「ひげのサミュエルのおはなし」でした。すみません。あそこに住む猫の一家のことが頭にあって、つい猫のサミュエルと言ってしまいました。サミュエルは間借りしている(と言うより同じ家に勝手にすんでいるネズミです!)


ヒルトップ・ファーム


こうしてお客様から、間違いを指摘されることは本当にありがたいことです。そうでなければ次回も同じ間違いをする可能性が大きいと思います。

さて第五回目のオンライントーク「湖水地方 その2」は今週の金曜日、19日です。まだ少しお席が残っていますので、興味のある方は下記へメールにてお申し込みください。

info@culturetourismuk.com







2/14/2021

第一回目コロナワクチンの接種を終えて。

 昨日コロナのワクチンの接種を受けてきました。そろそろご招待が来る頃と思っていたところ、金曜に携帯にメッセージが入り接種の予約をするように言われ、その日のうちに手紙もきました。手紙の中には「より高齢の大人」のための小冊子が同封されていて、受けないほうが良い人のこと、後遺症のこと、インフルエンザの接種との違い・・・・などが書かれています。





すぐにオンラインで翌日のスロットを予約しました。町まで歩いて行ったのは本当に久しぶりです。クリニックの入り口にはボランティアの人が、人と車の誘導をしていました。



そのボランティアの人の数を見てびっくり。駐車場を横切って、クリニックの入り口付近に向かうと数メートルに一人が立っています。最初の人は名前をチェック。次の人は手に消毒液をかけてくれました。

そして中に入り、またボランティアの人が個室に誘導してくれます。

で、中に入ると、今度は専門のスタッフがふたり。まず一人が、私の年齢や住所、私がどの民族に属するか・・・・・などなどコンピューターに入力していきます。

それが終わると、もう一人のスタッフが、過去7日間に他の予防接種はしたか?アレルギー反応を起こしたことがあるか?・・・・など色々質問され、最後に接種。

全てが終わると、証明書のようなものが渡されます。一回目と2回目の接種が記録されるようになっています。何のための証明書かよくわからないのですが、とにかくそれをいただいて帰宅しました。



主人はファイザーでしたが、私のワクチンはアストラ・ゼネカ。妹から、コロナのワクチンは痛いそうだと聞いていたのですが、普通の注射と変わりません。そして同じ妹から「後遺症を覚悟」と聞いていたのですが、一夜明けた今、それもありません。主人は注射したところがちょっとだけ痛むと言っていましたが、私はそれもありません。


再度妹から「本当に針は入ったの?」と聞かれましたが、針が入るをちゃんと見てきました。まさか「後遺症が全くないのですが、どうしてですか?」とクリニックに聞くわけにもいかないし・・・・・というのは冗談ですが、今のところ普段と全く変わりません。


コロナ関係でのボランティアの数は相当なものです。先日テレビに出たのは、ダウトン・アビーのグランサム伯爵役を演じたヒュー・ボネヴィルです。ワクチンの接種の場所で、やはり人々を誘導していました。でも、マスクをしていたので、気が付く人はあまりいなかったようです。

このユー・チューブをご覧ください。

https://www.bbc.com/japanese/video-55991192

という訳で、これから日本でもワクチンの接種が広まっていくと思いますので、一応経験者として(エラそうに!)お話ししました。



2/10/2021

冬に逆戻り

せっかく接種が始まったワクチンが、変異株に効くかどうか疑問があることがテレビで報道されています。万が一効かなかった時のために、外国からの変異株の感染をふせぐために、イギリスに入国する人たちへの規制が厳しくなりました。まず入国する前から感染しているかどうかの検査を頻繁にし、入国したらすぐにホテルなどで自己隔離するなどの規則です。接種はすでにこの国に住む人は無料ですが、新たに入国する人たちは有料ですし、ホテル代もありますから入国する人は大変です。よほどの事情がない限り、「イギリスには来ないでください。」と言っているようなものです。確かにそうです。今、わざわざ外国に行かなければならない理由はよほど切羽詰まった事情がない限り避けるべきでしょう。

でも、今回はかなり厳しく取り締まるようで、それを守らない人は最高1万ポンドの罰金、そして最高10年の禁錮刑というかなり規則です。ゆるゆるだった国の対策に「やっと!」というのが私の本音。

イギリスは今週いっぱいは雪に包まれそうです。スコットランドの北部は今日はマイナス17度になるとか? マイナス17度? 想像もつかない寒さです。

私の住む地域はクロッカスや水仙などが先出し、「やっと春が来る!」と喜んでいたのも束の間・・・・




二日後には雪です。寒くて散歩を拒むルビーを無理やり連れだして。



この雪だるま、可愛いでしょう?実はご近所の年配のご婦人二人が造ったものです。



 

函館に育った私は、子供のころはカマクラや雪だるまを毎年造っていました。雪だるまも大きなものを作ることはけっこう大変でした。最初両手で小さな球を作り、それを転がしながら大きくしていくのです。

でも、ご近所の方が造った雪だるまは簡単。バケツに雪を固く詰めて、それを3個くらい重ねるだけ。後は小枝や葉っぱで顔や手を造ります。

雪だるま造り、イコール体力消耗というイメージもこれで吹き飛びました。この雪だるまは2日間しか持ちませんでしたが、ちょっとの間だけ散歩の度に笑顔をくれました。









 



2/08/2021

いつもと少し違うバースデープレゼント

 ロックダウンになると、どういうわけか朝早く起きてしまいます。時には4時ごろには、どうしても寝ていられなくて、マーマレードを作ったり夕食の支度をしたり・・・・

最初のロックダウンから後一か月少しで一年になります。携帯、パソコンがなかったら友人や家族の顔を見ることもなく、どんな暮らしになっていたのでしょう!

時々、ブルーバッジのギルドや他の組織で催しているオンライントークに参加します。

先日は、イギリスのイーム村のレクチャーでした。1666年の疫病がはやった際に、村全体がそれぞれの家に14か月引きこもり感染を防いだ村で、ずっと前に訪れたことがあります。府一日物が多く、美しい村でした。今でも、疫病で亡くなった人のお墓があります。人口350人のうち260人が死亡、中には6人の子と夫を全て数日の間に失った女性もいました。

テレビ、電話、パソコンのなかった時代のロックダウンは、一体どういうものであったか想像するだけで気が遠くなります。

さて、先日は主人の誕生日でした。家族、友人から通常ですとプレゼントが手渡されます。でも、今年は別。アマゾンの配達人が行ったり来たり。そしてプレゼントの内容もいつもと違って、食べ物が多かったのです。

私たちはここ一年、ほとんど人との接触がありません。プレゼントには何がいいか、皆知恵を絞って考えてくれたと思います。結局「家で楽しめるもの。」と言えば食料ですよね。そしてお菓子。


ということで当日ドーナッツが18個、その他ファッジも。甘いものが好きな主人は大喜びです。全てヴィーガンですが、お砂糖の量は普通のお菓子と同じですので血糖値がちょっと気になりますが。

まず誕生日の当日に届いたのがクリスピー・クリームとクロスタウンのドーナッツ。








数日前に届いたヴィーガンのファッジ。ヴィーガンバターとお砂糖でできたファッジの上にはヴィーガンのビスケットが載っていてとてもおしいいファッジです。



そして、4時に起きて焼いた私のレモンドリズルケーキも。



ドーナッツも、ファッジも十分楽しませていただきました。ケーキは冷凍できるものの、ドーナッツはできないので、お隣さんとシェアーしました。お隣さんもヴィーガンなので、とても喜んでいただきました。

美味しいお菓子と、「美味しい、美味しい」とそれを一緒にシェアー出来るお隣さんがいて、ロックダウン中とは言え、主人にとってはいつもと同じく、ハッピーな誕生日だったようです。


2/03/2021

トム・モアさんから学ぶこと

 退役軍人で、コロナに対応する病院や、第一線で働く医療関係者を支持するために自宅の庭を歩行器で歩きながら募金活動をし、52億円を集めたトム・モア(日本ではムア)さんが昨日100歳で亡くなりました。肺炎の治療を受けられていたので、コロナのワクチンの接種もされていなかったのです。今日は朝からテレビでずっとトムさんのことが報じられています。首相官邸の旗は反旗を翻しています。



コロナで希望を失いがちな人々に希望を与え、こんな時にこそ団結が必要と訴えるモアさんは、女王様からナイトの爵位を受けました。



マイケル・ボールという歌手と一緒に募金活動の一環として歌った曲You'll Never Walk Alone が、チャーとでトップになりました。

https://www.youtube.com/watch?v=LcouA_oWsnU


そのマイケル・ボールが昨日言った言葉で目が覚めた人もいると思います。「トムさんは、元軍人でした。そしていつもDuty(義務)と言う言葉を口にしていました。今私たちに必要なのはDutyです。皆さん、コロナワクチンの接種を受けてください。」

ワクチンが出来たことで、一つの希望が湧く中、ワクチンに対する疑問などで接種を拒否する人もいます。その人たちの気持ちもわからなくはありません。でも非常事態であり、感染すれば副作用より重い症状になる可能性を考えなければいけません。そして何より他の人に感染する可能性を考えると、「ワクチンの接種をしない権利」に疑問が出てきます。

最近権利を主張するばかりで、義務と言う言葉を忘れがちです。権利は義務なしにはあり得ないことです。社会に対して権利、自由を主張するのであれば、その社会に対する義務もあります。

トム・モアさんは52億円を集め、イギリスのNHS(National Health Service)に貢献しましたが、それ以上に人々に希望を与え、そして「一人ではない。」という安心感を植え付けてくださいました。イギリスの真の英雄は亡くなりましたが、彼がおしえてくれたことはこれからもずっと人々の心の中に残っていくことでしょう。

ご冥福をお祈りします。










1/26/2021

雪の世界に

 一昨日、雪が降りました。日本も今年は大雪だったところもあるようですが今はどうでしょう?早速散歩に出かけました。




私のように、雪!と聞いて外に飛び出したくなる大人たち。



子供はそりを引っ張り出して。



キプロス島からレスキューされたルビー(我が家のルビーではなく)、この寒さ、雪が珍しそう。




さて、2月のオンライントークは湖水地方に関してのトークですが、準備を始めたところ、あまりにお話ししたいことがありすぎて、一回では無理と思いました。私が聴講生として参加しているオンライントークには10回に分けている授業もあり、アイディアを拝借。で、次回は2月15日と19日に分けることにしました。一回のみ、または2回とも参加されるご希望の方はお申し込みください。


期日:一回目   2月15日(月)

   二回目   2月19日(金)

タイトル:「私が好きな湖水地方の宝もの」

時間:日本時間の20:00 (両トーク共)

定員:各トーク30名

お申し込み先:info@culturetourismuk.com

料金:¥1000(両方申し込まれる方は¥2000)



1/23/2021

コロナワクチンの接種

 早朝は少し冷えますが、この時期にしては比較的暖かな毎日です。散歩の時は小枝にぶら下がっている雫が凍っていました。




近づいてよく見ると、まあ!綺麗です。雫の中に模様があって、そこには雪の世界があるようです。




さて、今週、息子のお嫁さんが我が家で一番先にコロナのワクチンの接種を受けました。彼女は看護師なので、他の人よりも早く受けることが出来ました。

副作用は? 当日、注射されたところが少し傷んだだけとのこと。そして、証明書と共に、「受けた人へのインフォメーション」ということで小冊子をもらってきたようです。



私たちのところは主人に招待状が来て、来週金曜日に受けることに。私は70歳以上の枠にちょっとのところで落選。若いことがいつも得をするわけではないことを実感!

再来週中には招待状が来るようです。でも受けたからと言ってまだ油断はできません。新型ウィルスはもっと強敵のようです。ああ、それなのにイギリスでは昨日400名のウェディングが予定されていて、警察が介入。企画した人は1万ポンドの罰金を課せられました。

そのような人たちの気持ちが理解できません。1万ポンドの罰金だけではなく、社会の人を危険に晒したのですから、牢屋に行くべき!政府はまだまだ甘い!

という訳で、ワクチンの接種を受けても「人が集まる場所にはいかない。」「外出後は手洗い」「2メートル間隔」は守っていかなければいけません。


1/21/2021

バイデン大統領に期待。

 昨日のカルチャーツーリズムUK主催の第三回目オンライントークは無事終わりました。今回のタイトルは「バレンタインデーとイギリス菓子」でしたが、お菓子に興味を持つ方は大勢いいらっしゃるようで、定員30名のところウェイティングでお待ちの方もいらっしゃったくらいです。私もまるで皆さんをイギリスでご案内している気持ちになりました。ありがとうございました。バレンタインデーの名前になった聖バレンタインのこと、カードやチョコレートを渡す習慣になった背景や、チョコレートの歴史などをご紹介しました。





チョコレートは1800年の中ごろまでは飲み物であったことは意外と知られていません。またイギリスのティーショップやコーヒーショップではココアと言うものがなかなか見当たらない理由などをお話ししました。

トーク後ご感想、コメントをいただき、これからのZoomオンライントークの参考にさせていただきます。ありがとうございました。

また、タイトルと直接は関係はないにしても今のイギリスを感じていただくために、咲き出したスノードロップのことや作り始めたマーマレードのこともお話ししました。



例年ですとそろそろスノードロップを見に、特別にこの時期一般公開している個人のガーデンなどに行く計画を立て始めるのですが、今年はそうもいきません。



そして昨日はトークの後、アメリカの新大統領の就任式の中継があり、テレビにくぎ付けになって見ていました。つい2週間前に暴動があった同じ場所で、レディ・ガガの歌、そして若い桂冠詩人の素晴らしい詩の朗読などと共にバイデン新大統領は、民主主義が侵されて分裂してしまったアメリカの団結(ユナイト)のための努力を誓いました。



大変な時に大統領になったと同情していましたが、「今ほどアメリカという国に対して希望的(楽観的)に思ったことはない。」という言葉を聞いて、安心しました。



苦しい経験も多くしてきたバイデンさんが、様々な環境、状況に暮らす人の気持ちを良く理解し、アメリカをまとまった国にしてくれることを切に望んでします。「ああ、バイデンとイギリスのボリスを取り替えて欲しい!」とさえ思うくらい感動的な就任式でした。史上初めての女性でありラテン系の副大統領の誕生にも希望が持たれます。(失礼!今アメリカはバイデンさんのような大統領が必要ですよね。イギリスもバイデンさんのような人が首相にならないかしら?という意味でした。)

さて次回のオンライントークは2月15日(月)に湖水地方のお話をさせていただく予定です。観光地として知られた場所の他、私の中での秘密の場所などそっとお知らせします! 詳細が決まりましたらこのブログでもお知らせしますね。






1/15/2021

マーマレード作り開始

 先週、とても寒い日が続き北部に住む友人から雪景色の中での愛犬との散歩の写真が送られてきました。





この時は、マイナス10度で水道管が破裂して3日間水なしで暮らしたとのこと。来週もまた寒くなるそうで、友人のことが心配です。

毎日コロナの感染者、死亡者のニュースばかりです。ワクチンの接種が始まったことがせめてもの幸いです。昨日からハイストリートの大きな薬局6か所でもワクチンの接種が始まりました。これまでに全国で120万人が接種を受けたそうですが、ご近所で身体に障害のある高齢者も一回目を済ませ、2回目を受けるところだそうです。

さて、そんな中でマーマレード作りのシーズンが始まりました。ブレグジットでスペインからのオレンジがどうなるのか心配でした。またお砂糖も品切れになる可能性もありました。一応6キロのセヴィルオレンジは確保し、マーマレード作りが始まりました。




ところが、オーガニックのオレンジは、スーパーでもウェイトローズにしかなく、次回の配達は25日のスロットしか空きはありません。ロックダウンで、パンやケーキなどを作る人が急増したと言われる中、きっとマーマレードも作る人が増えるのではないでしょうか?お砂糖は、全く不足していなくてあちこちのスーパーから20キロ以上届きました。これでオレンジがなくマーマレードが作れないとなれば、このお砂糖は・・・・・・

毎朝食べるマーマレードも今年は、うんと少しずつ食べなければならないかもしれません。

20日のオンライントークは、「バレンタインデー」「イギリスのお菓子」に加え、この時期だからこそお伝えしたいマーマレードのこと、またそろそろ蕾が付き始めているスノードロップのことをお話しします。

まだお席は少し残っていますので、興味のある方は下記へお申し込みください。




1/07/2021

普通でないのが普通

 明けましておめでとうございます。すっかりご無沙汰してしまいました。

皆さんはどのようなお正月を迎えられましたか?今日届いた日本からのメールでは夕方から緊急事態宣言が発令されるとのこと。イギリスでは数日前からロックダウンが再開され、昨日はコロナ感染者の数が今までの記録を破りました。

そしてアメリカでは大統領選の結果認定を進めていた連邦議会の議事堂に、トランプ大統領の支持者が乱入して死亡者が出る事件に発展しました。

昔住んでいたこともあり、アメリカには友達もいます。また息子のお嫁さんがアメリカ人ということもあり、アメリカのニュースは欠かさず見ています。昨日は息子のところも我が家も夜遅くまでテレビのニュースにくぎ付けになっていました。

イギリスではコロナ問題の他にブレグジットのこともあり、年末はぎりぎりまで心配が続く年となりました。2020年は暗いニュースばかりでした。

普通いとう言葉は、なくなってしまったような一年でした。



上の写真はストーンヘンジです。世の中、うまく行かないことが多いのですがそんな時、私はストーンヘンジを思い浮かべます。紀元前3000年から神殿や儀式に、そして祝い事があるときに人々が集まったのがストーンヘンジです。

ユネスコの世界遺産にも登録されているストーンヘンジは今でも(コロナ以前ですが)夏至の日は人が集まり、日の出を見ます。夏至の日はヒールストーンというストーンヘンジへの入り口に建てられた石とサークルの中心の延長線上に陽が昇ります。でも冬至も昔の人には春の訪れを記す日として大切な日でした。

ヒールストーン



イギリスは日本よりずっと北に位置しているために(樺太あたり)冬は日が短く、ロンドンでさえ午後の3時半というと暗くなり始める時間です。北のスコットランドはもっと早くから暗くなります。


6年前の11月15日に撮影した写真です。寒かったー。



陽が短く気分も沈みがちな冬ですが、考え方をちょっと変えれば、冬至が終わればどんどん陽が長くなるということ。ですから、私にとって待ち望むのは夏至ではなく冬至です。ストーンヘンジを造った5000年前の人たちの中にも、私と同じ考えで冬至にお祝いしていた人がいたことを思うとうれしくなります。

そろそろ春の訪れを真っ先に告げるスノードロップの花が咲き始めるでしょう。



コロナの予防接種も始まったことだし、2021年はもっと明るい年になりそう。世界の人たちが、自由に町にでも、海外にでも、どこにでも行ける時が来るまでそう長くはないということを信じてこれからは過ごそうと思います。