4/17/2018

ブレッチリー・パークにブルーバッジが集まって。


3月14日のブログにブレッチリー・パークのことを書きました。今回は、ブルーバッジ・ガイドのための説明会がありました。特にガイディングに関するインフォメーションもいただきましたが、2名のボランティア・ガイドによるツアーは素晴らしかったです。かなりご年配の男性でしたが、ガイドのひとりが「あなたのお話をメモにとっていいですか?」という質問に、「もちろん、私が言うことはすべてメモしていただいてけっこう。間違ったことを言ったら、私を裁判にかけたときの証拠にもなりますからね。でもジョークだけは専売特許だからコピーはしないように。」というジョークに全員、緊張感も和らいで。

ブレッチリーで働いた人たちに感謝の意をこめて暗号が破られてから70周年目の2011年にをエリザベス女王が除幕された記念碑。




何って書いてあ る?




数分考えました。「暗号の記念碑だから、そう簡単には読めないだろうなー。」とすぐにギブアップ。家に帰って調べたら・・・・・・

We Also Served でした。あら、簡単。言われてみれば簡単に読めました。

「我々もまた奉仕した。」という意味です。この意味を説明しましょう。ブレッチリー・パークで働いていたひとは極秘のもとに活動していたわけですから、誰にも自分たちの仕事のことは話してはいけない規則を守っていました。そして戦争が終わると、暗号解読に使われた機械は全て処理を命じられ、人々もSee you againではなく、Never see you againという気持ちでブレッチリー・パークを去って行ったのです。戦争後も秘密は守らなければいけなかったので、家族にも、友人にも誰にも話さなかったのです。

ウィンストン・チャーチル首相は、ブレッチリー・パークのスタッフを "the geese that laid the golden eggs and never cackled" (金の卵を産むカモ)に例えています。何故なら金の卵の殻は破られることが(crackと言って暗号を破ることも  crackと言います)ないからです。それを生んだのがブレッチリー・パークのスタッフということで、ドイツの暗号は破られましたが、ここの暗号は破られることはないことを示します。

さて、秘密を守り通したスタッフですが、1974年に「The Ultra Secret」 という本が出版されてから次第に極秘が解禁され始めました。そして1993年にブレッチリー・パークが一般に公開されたのです。

この日集まったブルーバッジのガイドは50人くらい。先着順でしたから、来ることができなかったガイドも多くいたようです。日本人ガイドは私を含め2名のみ。もうひとりはなんと交通費を50ポンドくらいかけてきていました。私はラッキーにも家から車で20分以内で行けました。そうでなかったら、きっと私も躊躇したことでしょう。「ロンドン観光のついでにちょっと。」は不可能なので 、よほど興味のある人でない限り、日本の人が行くことはあまりないでしょう。でも、外国の人にも本当に素晴らしい訪問場所と思います。









 





絶対にcrackできないとヒットラーが信じていたドイツの暗号送信器「エニグマ」






それをcrackし、ブレッチリー・パークで開発された「ボム」のレプリカ。ちゃんと動きます。










いまだに秘密を守っている元ブレッチリー・パークのスタッフもここを訪れて初めてここで働いていたことを話し出す人も多いとか。 考えてみれば、頭が抜群に良くて、しかもおしゃべりではない人はそう沢山いるわけではありません。特別なことをしているとつい、人に話したくなりますよね。そういう立派な人たちが第二次世界大戦を2年縮めたというのですから、もっともっと彼らを称えてもいいでしょう。(実際にスタッフの3分の2は女性だったようです。)

それを忘れないように「We Also Served」の記念碑の言葉はぴったりだと思いました。最初にブレッチリー・パークに行ったときは敗戦国の日本人として少し複雑な気持ちでした。でもブレッチリー・パークの歴史は勝った、負けたではなく「2度と繰り返さないように。」することが目的です。それがここで働いた人たちへの最高のプレゼントになるでしょう。


4/15/2018

日本のドッグランなるものはイギリスにはないのですが・・・

日曜までは太陽は来てくれないものと覚悟をしていたのですが、なんと一日早く来てくれました!
昨日の土曜は朝から晴天です。ちょうど一週間ぶりの青空でした。一週間前もそうでしたが、こういう日は家にいるのはもったいない・・・・・と、以前から聞いていたドッグランを探しに行くことにしました。

ドッグランと言っても普段は羊が草を食べているところですが完全にバラ線で囲まれているので、ルビーとジャスパーのリードを離して走らせることができます。ルビーとジャスパーはラーチャー犬という雑種で(雑種にも犬種があるなんて変ですね)、狩りに使われるためにブリードされるそうです。狩りができなくなったり、迷ったりしてレスキューセンターに連れてこられるのですが、ルビーとジャスパーもレスキューセンターから引き取った犬たちです。

ラーチャー犬は、長い散歩は必要ないのですが、思いっきり走らせる場所が必要。ウィンズロウに越してきてからずっとそういう場所を探していました。

そうしたらなんと家から5分ちょっとのところにあったのです。土地のオーナーはいるのでしょうけど、羊がいないときはウィンズロウの人たちはドッグランとして使っているそうです。もちろん無料。

遠くで白い犬が遊んでいました。




動物でも人間でも思いっきり好きなことをしたいのはみんな同じです。久しぶりのランニングでルビーもジャスパーも大喜びでした。


やはり気になる野生の花。この日はデイジーの周りに沢山スピードウェルが咲いていました。








ほとんど毎日一回は降る雨に泥んこの水たまりが沢山出来ていました。私のスニーカーも泥だらけ。でも全然気になりません。子供のころに長靴を履いてわざと水たまりの真ん中でピシャピシャ足ふみをしてはその音を楽しんでいた時を思い出しました。ルビーとジャスパーがとてもハッピーに走りまわる姿を見て私たちも最高にハッピーな一日を過ごしました。

4/12/2018

ガーデンツアーに関するお願い。

 カルチャーツーリズムUKで今年の9月ころにガーデンツアーを企画しています。まだ最初の段階ですが、いろいろな意見が出ています。今月の末に今まで一緒に仕事をしたガーデン関連の人たちとのミーティングがあります。

一致した意見は
1.3名から15名の小グループにする。
2.個人では公共交通を使って行きにくい場所を選ぶ。
3.イングリッシュ・ガーデン、また 個性のあるガーデンを含む。

などです。
そこでツアーに参加されるかどうかは全く別としてイギリスのガーデンツアーで求めること、場所などアドバイスがありましたら是非伺いたいと思います。

info@culturetourismuk.com

 ベス・チャトーのガーデン




ヘルミンガムホールのガーデン




ピーター・ビールのガーデン



個人のキッチンガーデン



シシングハースト



モティスフォント・アビー



個人のガーデン



個人のガーデンでオーナーからのアドバイスを受けて。




デイヴィッド・オースチンのバラ園



個人のガーデン



ガーデン好きの皆様からのアドバイスをお待ちしています!


4/11/2018

クラシックカーでドライブを楽しむ人たち

先日「春が来た」とブログを書きましたが、その春も引き返してしまってまた冬に逆戻り。流石に、「どんな時期でもイギリスは美しい」と信じていた私もイギリスを脱走して暖かい国に引っ越したくなりました。天気予報では「次に太陽が姿を現すのは日曜日」となっているようですが、あと4日間もこのどんより雲や冷たい空気を味わうのかと思うと気が消沈してしまいます。
こんなこと、私の40年の英国生活で今までになかったような気がします。

さてそんな暗い天気が毎日続いていると、外出もおっくうになりがち。でも家でパソコンの前に座っていては体が固まってしまうと、この前の日曜日に町の中心の広場に面したベル・イン(1591年からの旅籠)からクラシックカーマニアのドライブが出発するというので行ってきました。




イギリスはクラシックカーファンが 多いんですね。こんな小さな町から出発するイベントもあるのですから。クラシックカー大イベント(ロンドンからブライトンまでのドライブやグッドウッドでのイベントは有名)がイギリス中である中、ウィンズロウのような小さな町でもクラシックカーが見られるなんて!









ベル・インの駐車場に集まったクラシックカーたち。


















山高帽氏がマスコットになっていて。でも昔はこういう帽子をかぶって運転していたかも?




きつねがマスコットになっている車も。






車輪が木でできている!おっかないなー。




ドライブが始まる前に、オーガナイザーから規則や道のインフォメーションがあります。「〇〇の通りは通行禁止の看板が立っていますが、無視してけっこう。あれは昨夜洪水があったので出された看板がそのままになっているだけです。今は水の深さも30センチくらいにひているので問題ないでしょう。」。えっ?クラシックカーで30センチの水たまりを渡るの?」




いよいよ出発です。隣にはナビゲーターが。




















「左折しまーす」と手で合図。




クラシックカーと言えば高級なイメージがあり、限られた人だけの趣味と思われがちですが、ウィンズロウのイベントはごく普通の人たち、しかもボロボロのクラシックカーを自分でレスキューして楽しんでいる人たちが多く、暖かくフレンドリーな雰囲気でした。「乗ってみなか?写真をとってあげよう。」という人もご自慢のクラシックカーを見せたくて仕方がないといった風でした。

次第に雨もポツポツ振り出し、屋根のない車は大変だなーと思いましたが、彼らはそんなことは全然気にかけていない感じでした。「雨が降ったらその時はその時で、パブの駐車場に止めて晴れるのを待とう。」とそんな気持ちみたいです。

次第に私も「雨が降ったらその時はその時でティーショップで暖かい紅茶を飲みながら晴れるのをまてばいい。」くらいの気持ちに変わってきました。暗いお天気に左右されるのでは人生の楽しみは半減しますよね。

4/06/2018

お知らせ


大切なお知らせを忘れていました!

昨年の12月、雑誌RSVPと共同でクリスマスツアーを企画し大成功をおさめましたので、今年も2弾目としてスコットランド周遊ツアーを6月に企画しました。エジンバラやグラスゴー他を訪れますが、ハリーポッターファンのためにはグレン・フィナンでジャコバイト号が通った陸橋を下から見学したり、ウィスキー好きの方には蒸留所の見学、お茶好きには歴史あるホテルインヴァーロッヒー・カッスルホテルでのアフタヌーンティなど盛りだくさんです。

 スコットランド周遊ツアー


カルチャーツーリズムUKが企画に関わるツアーの多くは現地発着ですのでイギリスでのご滞在期間は自由にできますが、 もし日本からの航空券の購入などでアドバイスを求める方へは日本のRSVP誌が対応してくれます。4泊5日の短い旅ですが内容の濃いツアーですので是非お勧めです。すでに催行が決まていますが、お席にはまだ余裕がありますので興味のある方はどうぞ。

http://culturetourismuk.com/tour/1425.html

もう一件お知らせです。

昨年7月にJALの機内誌AGORAの特集取材のコーディネートをさせていただきました。その記事が今月のAGORAに載ります。内容は新しいガーデンスタイルで人気を集めだしたメドウです。戦後イギリスでは98%のメドウが消えてしまい、野生の花々を見かけることが少なくなりました。それがハチの減少などの理由により最近見直され、新しいガーデンスタイルになっています。メドウとオリンピックがどういう関係にあるのか、一般の人のガーデニングにどのように影響しているのかなど興味深い内容ですので、是非多くの方々に読んでいただきたいと思います。


 
 
 
 
 

4/05/2018

春が来てくれましたっ!

私の好きな詩のひとつにワーズワースの「わが妹に」というのがあります。

   わが妹よ
   こい願わくは
   朝げはもはやすみし故、
   急いで、朝の仕事を捨てて、
   来たって、春の陽を浴びよ。
        ・
        ・
        ・
   書物をもつのは止めにして、
   今日一日を、のんびり暮らそう。
        ・
        ・
        ・
   この片時の与えるものは、
   苦労な究理の幾年にもまさる。
   われらが心は春の霊を
   隅々にまで吸い込もう。
        ・
        ・

正に今朝の私の心境です。驚くほど長く、暗い冬がやっと終わった気がします。寒くても、暗くても普段はそんなに気にならず、それなりに楽しく一日を過ごしてきたのですが、今年だけは違いました。イギリス人の多くが、そういうイギリスの冬に見切りをつけて暖かい国に移住していく人を見て、「それでもまだ美しいイギリス」を信じている私にとっては??という気持ちでした。

ところが今年は流石の私も気が滅入ってしまう手前でした。イースターがやってきたのに、雪が降っているところもあり、太陽はイギリスを見放したか!と思うくらい。なるべくテレビでアフリカやオーストラリア付近の自然動植物の番組を見ながら自分をそこに置いて気を紛らせていました。

そして今日。なんと朝から雲一つない晴天です。これは家にいるのはもったいないと、ワーズワースの詩ではありませんが「今日自然から与えられたものを大いに楽しもう!これ以上に今しなければいけないことなんてないっ!」という気持ちになって野生の花を見に行くことにしました。お目当てはsnake's-head fritillariesです。お花のくせにチェックの模様をしたこの植物は辞書ではアミガサユリと言ってユリ科バイモ属のものだそうです。

せっかく車で1時間かけて行ったのに、咲いていません。野生動植物協会に電話したところ、今年は寒い日が続いて開花が遅れているとか。

すごくがっかりしましたがせっかくきたのだからと、帰り道は急がず時々車を停めてできるだけたくさん春を感じることにしました。写真を見ながら皆さんもイギリスの春に触れていただければ嬉しいです。































これを書いているときにお隣のロジャーさんが自分のアロットメントでさっき取れたばかりの今年初めてのルバーブを持ってきてくれました!これからルバーブクランブルを作ろうと思います。




急にやってきた春に少し戸惑いながらも体中で新しい季節を感じています。