1/11/2019

女王陛下のお気に入り

映画 The Favourite を見てきました。日本でのタイトルは「女王陛下のお気に入り」で2月15日に封切られるそうです。数々のアワードを獲得し、今年の映画としては最高人気のひとつになること間違いなしの映画です。




18世紀初頭、17回妊娠したにもかかわらず成人に達する前に全てを亡くしたアン女王と深い絆をもつ親友は幼馴染でもあるモルバラ公爵夫人セラ(今では世界遺産になっているブレナム宮殿に住み、ダイアナ元皇太子妃の先祖)。そこに上流階級から没落したセラの従妹アビゲイルが表れてアン女王とセラの間に入り込んで徐々にアン女王の寵愛を勝ち取っていくというもの。







詳しくはサイトをご覧ください。
http://www.foxmovies-jp.com/Joouheika/

この時代のイギリスは、歴史を見ても実にいろいろなことが起こった時です。でも映画に取り上げられたという記憶はありません。今までにイギリス君主に関する映画、ドラマは数えきれないくらいありました。リチャード1世、ヘンリー8世、エリザベス1世、ジョージ3世、ジョージ4世、エドワード7世、ジョージ6世.....。スコットランドを入れるともっと多くの王、女王が映画になっています。でもThe Favouriteはそのどれとも違うスタイルです。歴史に焦点を置くより、現在でもあり得る人間関係、心理状態を強調した内容です。音響効果、音楽も独特です。歴史映画として見れば全く合わない音です。でも、そこがこの映画の狙いの一つだと思います。

アン女王役を演じるオリヴィア・コールマンはゴールデン・グローブ賞では女優賞を獲得しました。彼女は今イギリスでは話題の素晴らしい女優です。でも助演女優賞にノミネートされたレイチェル・ワイズ(セラ役)とエマ・ストーン(アビゲイル訳)も同じくらい素晴らしい演技を見せてくれました。

車で20分のところに素晴らしい映画館があります。ロンドンの映画館の規模からすると実に小さな映画館ですが、椅子も心地よく、昼間に行けばポツン、ポツンと席が埋まっている程度でゆっくりできます。次は‛メリーポピンズ’を見に行きたいです。

1/07/2019

マーマレード作り開始

昨日は今年初の食料の買い出しで車で15分のところにある町バッキンガムまで行ってきました。そうしたらもうセヴィルオレンジが出回っていたのです。そして昨夜からマーマレード作りを開始!今朝は家じゅうにオレンジの香りが漂っています。一年分のマーマレードを作ります。




 昨年は、デンマンカレッジのヴィヴィアン・ロイドさんの講習にお客様と出席、また本の取材ではデヴォンまで行き、パム・コービンさんの家でマーマレードを作りましたので、今年は少し作り方をあれこれ試してみようと思っています。




昨年の暮れ、思いがけず柚子が手に入りました。毎年3月に行われるダルメインのマーマレード世界アワードには日本からの出展も多くほとんどが柚子なので、いつか柚子のマーマレードを作ってみたいと思っていました。

柚子は苦みがあって、日本では苦み抜きをするそうで、手が込んでいます。「マーマレードは苦みが決めてなのに・・・・」とイギリスのマーマレードの専門家は言います。でも作ったことがない私としては、柚子がどのくらいの苦みがあるのかがわからず、作り方も謎です。そこでネットで日本の柚子マーマレードのレシピを探して作ってみました。貴重な柚子なので何回も試すことはできません。結果、柚子が新鮮ではなかったのが理由と思いますがうまくできませんでした。ねっちょりした感じ。 そして苦みが全然なく。マーマレードと言うよりはジャムのような感じに出来上がりました。柚子にはペクチンが多いので固まり過ぎたのも失敗のもとです。

今年のダルメイン・世界アワードには去年にも増して沢山の日本からの出展者を期待しています。私は今年もこのアワードの審査を依頼されています。来月ダルメインに行き、数日缶詰め状態で審査をします。日本は柑橘類の種類がとても多い国。柚子以外にもマーマレードに適している柑橘類は沢山あるはずです。酸味があって、香り高い柑橘類を選んでください。職人とアマチュアの部門がありますので誰でも出展できます。アマチュアはあまり真剣にならずに楽しく作れば、きっとおいしいマーマレードができるはずです。

 https://www.dalemain.com/homemade-marmalade-awards/

1/01/2019

明けましておめでとうございます。


明けましておめでとうございます。
2019年が世界に平和と、ひとりひとりに幸せを運ぶ年でありますように。





12/29/2018

ヴィーガンのクリスマスディナーとお節料理

イギリスの伝統的なクリスマスディナーと言えばメインは七面鳥やアヒル、鴨のローストでしょう。我が家の伝統はお肉を使わないミートローフやウェリントンです。ヴィーガン食にあまり馴染みのない人は「どうやって?」と思うでしょう。

お肉の代わりにナッツや種、そしてふんだんに野菜を使います。お肉好きの人を食事に招待するときは、大豆で造られた「お肉もどき」や市販のヴィーガンミートを工夫して使います。乾燥したものよりは冷凍のものが美味しく感じられます。特にラザニアなどソースを沢山使う場合は味、食感もほとんどお肉のラザニアと変わりません。実際、「お肉ではない。」と言っても信じない友人がいました。

とろけるチーズは、コレステロールが気になる友人たちに作り方を教えてあげました。体に良いイーストを加えることによってチーズっぽい味になりますし、物理を利用してじゃがいもと人参の茹で上がりをミキサーにかければ溶けたチーズのようにとろみが出ます。冷めても温めるとまたとろけますし、冷凍もできますので非常に便利です。

今年はクリスマスの直前にメレンゲを焼きました。もちろん卵白は使わずに。







チョコレートクリーム、ピーナッツバタークリームをはさんで。




最初にこのレシピ―を発見した人はすごいと思います。卵白の代わりにひよこ豆の煮汁(アクアファヴァ)を使うのですから。

イギリスではヴィーガン人口は増える一方。2016年には54万人だったのが2018年には350万人になったことがインディペンダント紙で報告されています。ヴィーガン人口が増えれば増えるほどスーパーや食料品店に並ぶヴィーガン食も多くなり10年前の苦労もどこへやら?といった感じで私としてはとてもうれしいことです。最近はアイスクリームやハチミツさえヴィーガン商品が出てきました。

ヴィーガンになる大きな理由は地球環境、動物愛護、健康の3つがありますが、特に若い人たちのヴィーガン人口が急激に増えている理由は地球環境と動物愛護。私がヴィーガンになった理由もそうなのですが、結果的に健康につながるようなのでハッピーです。

さあ、そろそろおせち料理の支度をする時期です。いつも私としてはクリスマスよりも頭を使います。何故ならおせち料理の材料はけっこう日本独特のものが多く、私の住む町や周辺では手に入れるのが難しいから。やっぱりロンドンの日本食品店に行こうかなー?


12/27/2018

クリスマスの子供の心配事。

3歳になった親せきの子供がクリスマスに向けて真剣に心配していたことがあります。それは彼の家の暖炉が小さすぎて、特におなかの大きなサンタクロースがつっかえてしまってプレゼントを持ってくることができないのでは?ということ。サンタクロースはプレゼントを運ぶのに、煙突から入り暖炉に降りてくるのです。

クリスマス近くになって、この子はおじいちゃんとおばあちゃんの家でクリスマスを過ごすことを知りました。そうしたら心配事はもっと大きくなってしまいました。何故ならおじいちゃんとおばあちゃんの家には煙突も、もちろん暖炉もないからです。

それでその子の両親は子供と一緒に、「暖炉からではなく、庭へ続くドアの下部に作られた猫の出入りする小さな窓から入ってください。」とサンタに手紙を書きました。

それでもその子はサンタが手紙を読んでくれたかどうか心配しながら24日の日は一旦ベッドに入りました。こちらでは、サンタが来た時に「ご苦労さん」という意味で暖炉の近くに、サンタにはシェリー酒とミンスパイ、サンタの乗るソリを引くトナカイには人参をトレイに乗せておく習慣があります。(ほとんどはその家のお父さんが食べるのですが)

その3歳の子もトレイを忘れずに置いてから寝ました。


そして翌朝。




猫の出入り口から入ったサンタとトナカイは沢山のプレゼントを置いて、トレイに載せてあったドリンク、ミカン、人参、お菓子をたいらげた上にお礼の手紙を残して次の家に向ったようです。

クリスマスの私の心配はディナーが始まる2時半にはすべての料理が出来上がっているかどうか、ヨークシャープディングがちゃんと膨れるかどうか、2時半に家族全員がちゃんと集まるかどうかでした。

人それぞれ、クリスマスはストレスと楽しみの両方が一緒にやってくるのです。

12/23/2018

メリークリスマス!






Merry Christmas !!!!

楽しいクリスマスをお迎えください。

12/18/2018

ストウガーデンでの一日

友人のメアリーを誘ってストウのガーデンに行ってきました。メアリーの家には以前は多くのお客様をご案内し、彼女の家庭料理も楽しんでいただいたので覚えていらっしゃる方々も多いと思います。7年前にヘレフォードからバンブリーに近い小さな村に引っ越しましたが、この村では一昨年RSVP主催のクリスマスツアーに参加された方々が村人たちとのクリスマスディナーや交流を楽しまれました。(2016年12月7日のブログ)

さて、先日はメアリーと一緒に彼女の住む村と私の住む町の中間にあるストウのガーデンに行ってきました。イングリッシュガーデンのひとつのスタイルである風景庭園の最たるもののひとつです。湖を氷がうっすら覆うくらい寒い日でしたがお天気に恵まれ、それはそれは素晴らしい一日でした。

まず彼女の家までの30分ほどのドライブは景色の美しさに感激しながらゆっくり走ります。田園に差し込む陽の光が、パリッとした空気を通して緑の鮮やかさを更に強調しています。このルートはいつも通るのですが、お天気によって毎回違います。




 ストウのガーデンは250エーカー(100万㎡ 皇居と同じくらい)というとてつもない大きさ。そこを散歩するのは来年90歳を迎えるメアリーには大変です。普段は電気歩行器を使っていますが今回は2本の杖で少し歩き、その他はバギーで周りました。ストウのガーデンはナショナルトラストが管理しています。そして歩行が難しい場合は、予約すればバギーを 貸してくれます(4人乗りで最高2時間。ドネーションとして10ポンド)。今までにも私は車いすのお客様や、足の弱い方をこのバギーでご案内しました。

バギーの操縦方法を5分学んだあと、すぐに出発。助手席にメアリーが座って、地図片手に道のナビゲートをしてくれます。






ここでもクリスマスがあちこちで感じられます。














自然の飾り。ヒイラギの赤い実はクリスマスの象徴。






とても寒い日でしたが、「30分くらいバギーで周りましょう。」のつもりが、結局気がついたら1時間半経っていました。あっと言う間です。






時々バギーを停めて写真撮影。特に景色の素晴らしいところでは5分くらいボケーッとして過ごします。





























人の手で造られた湖には白鳥が優雅に泳いでいます。











遠くに見える18世紀の館は、現在はパブリックスクールになっています。 






この日は、バギーを運転していてもほとんど人は見かけませんでした。とてつもなく大きなガーデンでしたが、まるでメアリーと私の私有地みたいに思いっきり自由に風景ガーデンの醍醐味を楽しみました。