10/07/2018

イングリッシュ・ブレックファーストと言えば簡単なのに。

最近はホテルの朝食のメニューに‛イングリッシュ・ブレックファースト’‛スコティッシュ・ブレックファースト’‛コッツウォルド・ブレックファースト’、またはホテルの名前のついたブレック・ファーストがあります。スコティッシュ・ブレックファーストはハギスが加えられていることもあるので例外かもしれませんが、要はこれらのブレックファーストはほぼ同じと考えていいと思います。

その基本はソーセージ、ベーコン、卵(スクランブルや目玉焼きなど好きな調理法を選べます)、トマト 、マッシュルームです。場所によっては、これプラスハッシュブラウン(アメリカから来たもの?)、ベイクトビーンズ(イギリス人の好物のひとつで大豆のトマト煮)、フレンチトースト(食パンを油たっぷりで焼いたギトギトトースト)などがつくこともあります。

でもでも、みんな同じなら‛イングリッシュ・ブレックファースト’で 統一すればいいのにと、思うのは私だけでしょうか?その理由を友人たちと話し合ったことがあります。その結果、ローカルの味を出すため、特別さを出すために単にイングリッシュとしないで狭い範囲の名前を使ったほうが聞こえがいいからと一同納得しました。でも、私はどうも完全に納得できません。それならメニューに、「ソーセージとベーコンは〇〇から。野菜は〇〇から」と書けばいいものを・・・・・そのほうがずっと信頼性があります。

先日、私の住む町ウィンズロウに新しくトルコ料理のレストランができました。そこは朝食もオープンしているというので、訪ねてくれた親せきと一緒に 日曜の朝に行ってきました。そのレストランでメニューにあったのが‛ウィンズロウ・ブレックファースト’です。

親戚の人は「せっかく来たのだからウィンズロウ・ブレックファーストにしよう。」と期待満々。それで、出されたのがこれです。




なんだ、普通のイングリッシュ・ブレックファーストではありませんか。その人はトマトが嫌いなので、トマトの代わりにマッシュルームを沢山つけてくれたようです。

でも期待外れ。別に何の特徴もない普通のブレックファーストにその親せきは腹をたてるどころか、可笑しくてクスクス笑いだしてしまいました。

特に高級なホテルの朝食で、ホテルの名前の付いたものは確かに特別なものが期待できるところがありますが、その他はみんな同じです。騙されないように。

明日から日本に行きます。大阪はまだまだ暑いようですね。北海道行きのトランクには少し冬物を、大阪では夏物を。この時期の帰国は着るものが多くなります。

10/04/2018

映画「ザ・リトルストレンジャー」

‛ダウントンアビー’が映画になりました。テレビドラマとして世界中にファンを持つ‛ダウントンアビー’ですが、終了の際に「完全に終了の宣言」みたいな感じだったのですが映画は別みたい・・・・・下の写真は新聞に載っていた映画の記事です。グランサム伯爵の隣に立っているのはメアリー女王(現女王の祖母)です。





私の住むウィンズロウの町で去年撮影が行われた‛The Little Stranger’が封切られたので見に行ってきました。町の医者が、ある古い館のメイドを往診するところからストーリが始まります。ミステリー映画です。ウィンズロウの中心にあるマーケット・スクエアは(時々今でもマーケットが開かれます)この医者の診療室のある広場と建物の外観に使われました。(2017年1月8日の ブログをご覧ください)






さて、この‛The Little Stranger'が封切られてからの経過ですが、映画会社にとっては散々な結果になっています。見に行く人が異常に少ない!かなりの赤字映画になりそうです。

映画は最初から暗ーい雰囲気で、それが終了するまでずっと続きます。途中で私もため息が出てきました。ワクワクするところが全くない。早く終わらないかなーと思ったりしました。それでも隣に座っていた主人は瞬きもせずに見ています。

いつもそうですが、主人と映画を一緒に見た後はしばらく沈黙です。感想を言い合うのは少し後。今回は当然彼からはネガティヴな意見が出ると思っていました。

ところがこの映画は、表面でのみ理解するのではなく裏の裏を考えながら見なくてはいけないことを知りました。途中でも時々会話の中で「どうしてそういう言い方をするのかな?」という箇所はいくつかありましたが、単純な私はその陰に潜む意味を追求しながら見ることには至りませんでした。

The Little Strangerとは一体だれなのか?ついに最後まで明かされず、それは見た人が判断するしかないのです。でも考えれば考えるほどその答えが明確になってきます。

実に変わった映画でした。もう一度、見たらかなり違った解釈ができるかも?

10/03/2018

日本でお会いしましょう。

8日に日本に発ちます。今回は大阪阪急うめだ本店で行われる英国フェアーに出席するのがメインの目的ですが、下記のイベントでも皆さんにお会いする機会があります。イギリス、旅にご興味のある方は是非ご参加ください。

10日  英国フェアー
     13:00~13:45 
       ミラさんとエドゥアードさんのトーク。
       (ハリー・ポッターのグラフィックデザイナー)
     16:00~16:45
       同上
11日  英国フェアー
      13:00~13:45
                             私のトーク「新しい英国への旅 ~ カルチャーを求めて」
                            
12日  英国フェアー
      11:00~11:45
       ダルメインの館、マーマレードアワードに関してのトーク。
       「 カントリーハウスでのマーマレードと私の暮らし」
       ジェイン・ヘイゼルーマコシュさん。
      17:00~17:45
       私のトーク「映画やドラマに見るイギリスの旅」

13日  英国フェアー
      14:00~16:00
       ダルメイン・マーマレードアワード
       私は審査をさせていただきます。

14日  英国フェアー
      11:00~11:45
       ダルメインの館、マーマレードアワードに関してのトーク。
       「 カントリーハウスでのマーマレードと私の暮らし」
       ジェイン・ヘイゼルーマコシュさん。

20日 仙台ハムステッドティールームでチャリティトーク
      http://hampstead-tea-room.com/info/2219660

21日 仙台ハムステッドティールームでチャリティウォーク&講演
      http://hampstead-tea-room.com/info/2219660

27日 東京British Prideのオフィスにて。
    11月に企画されているマーマレードツアー他イギリス旅行のご相談を承ります。
    予約制となっていますので、ご希望の方はお気軽に下記にご連絡ください。
      * ブリティッシュ・プライド 銀座オフィス 
          中央区銀座1-9-8 奥野ビル
          Tel:03-4500-2158 
          E-mail:info@british-pride.net
                        * Culture Tourism UK
                                        E-mail: info@culturetourismuk.com

上記の期間でご都合がつかない方は個人的なご相談も承りますので、Culture TourismUKまでメールでご連絡ください。






9/30/2018

イギリス エキセントリック人

今年最後のガーデンツァーが終了しました。今年は2本限りでちょと淋しいのですが、どちらも秋にご案内させていただいたので例年とはちょっと違った内容、ガーデンの美しさにため息ばかりでした。春のガーデンは何度も見ていらっしゃる方もイギリスの秋の景色、ガーデンに感動されていました。








さて、今回のツアーでもウォーターペリーガーデンズを訪問しましたが、今までここのミュージアムには行ったことがありませんでした。

今回は大型バスで行きましたので、到着したら皆さんがバスから降りられる前に必ず電話をするようにガーデン側から言われていました。駐車場、チケット売り場が狭いので、見学を開始する前にバスの中で入場のスティッカーを渡すためです。

到着時にバスを迎えてくれたのがゴードンさん。確かお歳は87歳だったと記憶しています。ガーデンの簡単な歴史、注意事項を話してくれたのですが、とても愉快な方でコメディアンみたいでした。私の通訳が彼の説明より長いとToo long!と言われます。そして最後に「ミュージアムには絶対に行かなければいけません。」と言われ???

そしてその理由が最後にわかりました。ガーデンを一通り見た後で立ち寄ったのですが、そこに農耕、園芸に昔使われた道具他が所狭しと並べられています。よく見ると珍しい物が沢山あります。




羊にはかせるゴムのブーツ、針と糸が入ったナニーのブローチ、手動掃除機、洗濯機・・・・

そしてゴードンさんが「ミュージアムには絶対に行かなければいけない。」と言ったのがよくわかりました。これらの品は実は全てゴードンさんが集めたものだったのです。




レジの中には古いお金が入っています。コインは1971年に10進法変わる前の大きなコインです。私がイギリスに来た頃の1ポンド紙幣もあります。ミュージアムの入場は無料なので、レジは使っていません。でもこのレジもちょっと変わりものです。

昔ロニー・バーカーというコメディアンがいました。当時のイギリス人なら誰でも知っている有名人ですが彼も相当な変わり者だったようで、50歳代後半でコメディアンを辞めてアンティークショップのオーナーになりました。でもいつもいつも赤字。それでも「これは趣味だから。それにこの年でスキーに行くよりは安全だし安いんだ。」と言っています。そのお店で使われていたものがこのレジです。決して立派とは言えません。むしろ安っぽいレジです。それをゴードンさんは150ポンドで買ったそうです。当時のレジ自体の価値からすると決して安い金額ではありません。

そのレジの後ろにはゴードンさんの写真が貼ってあります。その説明には「The Last Revolting Peasant」と書かれています。さてこれをどうやって訳すか? 意味は「社会の習慣や組織に従わず暮らす最後のお百姓」というような意味なのですが、ジョーク的に書かれています。




イギリス人は、こういうエキセントリックな人が好きみたいですが、私もこういう人に出会うと気持ちが明るくなって楽しくなります。

次回はゴードンさんに説明してもらいながらこのミュージアムにあるものをゆっくり時間をかけて見学したいと思います。

9/24/2018

ハリーポッターの映画のグラフィック・デザイナー


ハリー・ポッターの映画のグラフィックデザイナーであるミラさんとエドゥアードさんとのミーティングに行ってきました。

10月の大阪うめだ阪急デパートの英国フェアーで講演される際に私が通訳をさせていただくことになったのです。気さくなお二人とのミーティングは順調に進み、最後の5分は日本語会話の練習でした。おふたりにとって初めての来日で、彼らも楽しみにしていらっしゃいます。

彼らの会社名はミナリマ。それはおふたりのお名前(ミラフォラ・ミナさんとエドゥアード・リマさん)からつけられた名前です。名前だってなんとなくハリー・ポッターに出てきそうですね!

オフィスでのミーティングの後は、歩いて10分くらいのところにあるHouse of MinaLimaへ。ハリーポッター他、J・K・ローリングの最新映画「ファンタスティック・ビースト」に使われた品の中で、彼らがデザインしたグッズが4フロアにびっしり並んでいます。何せ、これらの映画に使われた新聞、本、手紙、ポスターなど‛紙物’ は全て彼らのデザインによるものなのですから、その数は計り知れません。https://store.minalima.com/





 ピンクの建物が目をひきますが、中に入る前、ウィンドウを覗くだけで、そこはもう幻想の世界です。





一階がショップになっていて2階から4階は博物館です。










「ファンタスティック・ビースト」は最上階のお部屋。




この他、映画だけではなく彼ら独自のクラシックイギリス児童文学の本も。単に読むだけではなく、挿し込みの絵や「遊び物」が大人子供に関わらず楽しめます。








限定販売のミラさん、エドゥアードさんのサイン入りのプリントも人気で、すでに売り切れたものもあります。これらの特別なプリントの作り方を説明していただいて気が遠くなるほど手が込んでいるので驚きました。




うめだ阪急の英国フェアーでの彼らの講演は10月10日1時からと3時からの2回です。ミラさん、エドゥアードさんの沢山の作品に感動したことはもちろんですが、お忙しいおふたりの来日の説得に成功した阪急デパートの方には脱帽です。英国フェアーでは彼らの特別の小部屋もできるそうで、訪問された方々は「ハリーポッター」「ファンタスティック・ビースト」の世界に浸ることができるでしょう。

明日からクラブツーリズムのガーデンツアーのご案内をさせていただきます。またこの時期のガーデンを楽しめると思うとワクワクします。

9/22/2018

秋のガーデン その3

このブログで同じ内容について3回も続けて書くことは初めてかな?と思いますが、秋のガーデンの素晴らしさを是非皆さんと共有したくてついつい・・・・・でもこれで最後にします。今回のツアーはカルチャーツーリズムUKのガーデンツアーとしては初めての企画。参加者も少なかったので、最終的には皆さんのご希望も入れてガーデン+αの内容でご案内しました。

先日もこのブログでご案内しましたが9月29日まではブラックベリーが摘めます。一日はウィンズロウでブラックベリーを食べて、摘んで。その後、皆さんに我が家に来ていただいてヴィーガンのブラックベリーケーキを作り、夕食にヴィーガン家庭料理を召し上がっていただきました。




 デイヴィッド・オースティンのローズガーデンは6月はこぼれんばかりの薔薇で圧倒され、人も多いのですが、この時期は反対に落ち着いていてお客様もご自分だけの静かなひと時を楽しんでいらっしゃいました。

















デイヴィッド・オースティンでは皆さんでアフタヌーンティをいただきました。


通常のアフタヌーンティ



ヴィーガンのアフタヌーンティ。クロテッドクリームの代わりにココナッツミルクで作ったクリーム、バターの代わりに植物で作られたスプレッド、ゼラチンの代わりに寒天で作られたイチゴゼリーです。タコスに入ったチーズも植物性。




 この他、ウィティック・マナーやロスチャイルドの館ウォズドン・マナーなどを周りましたが、それぞれ個性があって素敵でした。参加された皆さんには秋のガーデンをたっぷり楽しんでいただけたことと思います。

9/21/2018

秋のガーデン その2

昨日はオックスフォードに近いウォーターペリーガーデンの写真をご覧いただきましたが、今回のツアーでは他にも色々行きました。

オックスフォード大学の植物園(University of Oxford Botanic Garden)はイギリスでは一番古く1621年創立です。




 この時期はダリアとアスタ、セダムの花が多くみられます。




この写真だけウォーターペリー・ガーデンです。
セダム・スペクタビレ




今はいろいろな種類のダリアがありますね。ダリアではないようなダリアもいっぱい。珍しい種類のものも。










ソリダゴの中でもこの種類はGolden Wingというそうで「金の翼」。ぴったりの名前。










ウォーターペリー・ガーデンとオックスフォード大学ボタニック・ガーデンは近いので一日で2件ゆっくり周れます。オックスフォードの観光のついでにお勧めです。