1/15/2018

マーマレードについて。その2

マーマレードの人気が下がっていることは前回のブログに書いた通りです。ところがそのマーマレードの将来に少し明るい灯が見えていることも確か。一つは数年前に製作されたパディントンベアーの映画 で最近パート2が封切られたことが挙げられます。イギリスの児童文学で有名なパディントンベアーはペルーからやってきたクマでロンドンのある家族と暮らし始めますが、このベアーはマーマレードが大好きです。

もうひとつはイギリス北部のカンブリア地方のジョージアンの館デイルメインで毎年3月に行われる国際マーマレード祭りです。ここのコンテストは有名で、世界中からプロ部門、アマチュア部門に自慢のマーマレードが集まります。昨年は日本からも今までになく大勢の応募があって現地にいらっしゃった日本の方たちと楽しくおしゃべりができましたし、ロンドンからは駐英日本大使もゲストでいらっしゃっていました。マーマレードはセヴィル・オレンジの部門と「柑橘類であれば何でもOK」という部門がありますので日本からは柚子やキンカン、カボスなど日本的な柑橘類のマーマレードが人気でした。






NHKのテレビの撮影隊も来ていました。




広大な敷地は貴族の館にはつきものです。マーマレードを試食した後はホテルに戻る前にデイルメインの広い敷地で散歩・・・・と思いきや、散歩の後足が再び試食の建物に向かっていました。



マーマレードはいつ食べ物としてできたのかは定かではありません。前回述べたように古代ギリシャ人はすでにマルメロをハチミツで煮込んだものを食べていましたが、そのころのものはペイスト状で今のようにトーストに塗る食べ方はしていなかったのです。その後も長い間マーマレードは堅めのもので、朝食時にトーストに塗って食べるものではなく、食事の最後にデザート的な感覚で食べていたようです。

イギリスで今食べているようなマーマレードはスコットランドのダンディに始まったと言われています。スペインからオレンジを積んだ航海中の船が難破しそうになってスコットランドのダンディー港近くに入ってきました。ダンディーでお菓子などを売っていたジェイムズ・キーラーがそのオレンジを安く買い、使い道に困った妻がオレンジマーマレードを作って販売したところが大当たり。キーラー氏は1797年に初めてマーマレードの工場をオープンしました。

ですから今のマーマレードはスコットランドが発祥というのが一般的ですが、上記のデイルメインのオーナーは先祖が残した料理レシピの記録がダンディーの工場オープンよりはるかに古いものであることから、マーマレードのスコットランド発祥論は認めていないようです。

日本ではマーマレードと言えば薄いオレンジ色のものですが、私は個人的には琥珀色のもののほうがコクがあって好きです。オレンジのピールも(皮)、糸のような細いものではなく、1~2ミリの幅のものが好きです。でもこれは個人の好みなので人によってはチャンキーな幅が5ミリもあるようなピールが好きな人もいます。




今年も私は3月はデイルメインの国際マーマレード祭りに行く予定です。また多くの日本人にお会いしてマーマレードについて熱く語ることを楽しみにしています。



マーマレードについて。その1

 イギリス人が愛してやまないもののひとつが朝食時にトーストにぬって食べるマーマレードです。我が家でも私は週に3,4回、主人は1年のうち365日マーマレードを食べなければ体調を悪くするようです(!?!)。

そんなにも伝統的で、イギリスには欠かせないマーマレードが近年になって売り上げが落ちていると報道されています。それは大変なことです。調査の結果マーマレードを買う人の80%は45歳以上の人と出ていました。若い人はマーマレードどころかコーヒー一杯だけで仕事に出る人が多いようです。

でもマーマレードをぬったトーストを一枚食べるだけでもだいぶ違いますよね。砂糖の含有量が気になるところですが、 これもそんなに心配はなさそうです。15ccのマーマレードは49カロリーでそれほど高くありません。ビタミンCは一日に摂取しなければいけない量の2%を補っているとか。もちろん脂肪率はゼロです。朝食時のマーマレードはその日一日の活力を与えてくれると信じる人も(主人のように)います。

私はここ15年程毎年一年分のマーマレードを一か月の間に作ります。我が家の他、マーマレード好きの友人や日本やアメリカの親戚にも送りますので、けっこう量は多く作りますが毎年暮れになるとほとんどがなくなっています。

そして今年もその時期がやってきました。

材料はオレンジとレモンと砂糖と水。これだけです。オレンジは皮も使うので、できればオーガニックのものを。








一番手間がかかるのはオレンジの皮を切ること。でも私にとっては寒い冬の夜にラジオを聴きながらするこの作業は楽しいひと時です。


オレンジ、レモンから出るペクチンがマーマレードをゼリー状にしてくれます。砂糖は白いグラニュー糖、精選されていないグラニュー糖、ブラウンシュガー、デメララシュガー・・・・好みに合わせて使い分けます。私は精選されていないグラニュー糖を頻繁に使います。砂糖は皮を固くするので、必ず皮が十分柔らかくなってから入れましょう。





この時期に一か月ほど出回るセヴィル・オレンジは、全てスペインからの輸入ものです。セヴィル・オレンジはスペインでは道端や公園に見られる木ですが、利用価値がなく使われていません。特に栽培しているところはイギリスへの輸出向け。なぜなら苦くてすっぱくそのままでは食べられないこのオレンジが実はマーマレードには一番適しているからです。そのために毎年15,000トンのセヴィルオレンジが今の時期にスペインからやってくるというわけです。

イギリスでは柑橘類を使ったものがマーマレードと言われていますが、これも最近は変わってきています。レストランで「オニオンマーマレード添え....」とメニューに書かれたのを見た時から「マーマレードの 定義って?」と考えだしました。答えはありません。それは場所によって、特に国によって違うからです。最近は「人によって」と言ったほうが正解かもしれません。

古代ギリシャ人はマルメロ(クインス)という果物をハチミツで煮込んだものを好み、それが後年ポルトガルに行ってmarmeloになったようです。今でもギリシャではmarmelada、イタリアでは  marmelattaと呼ばれているとか。つまりイギリスでマーマレードが柑橘類を使ったプリザーヴになったのはずっと後のようです。古代ギリシャ人は古代ローマ人にマルメロをハチミツと一緒に煮込むとゼリー状になることを教えました。

息子のお嫁さんはアメリカ人ですが、「ピーナッツバターとゼリーのサンドウィッチが好物」と聞いて驚いたことがあります。どうやってゼリーをパンにはさむのか興味津々でした。そうしたらなんとアメリカではジャムのことをジェリーと呼ぶのだそうです。

スーパーにはいろいろなメーカーのマーマレードが並びます。高いものから安いものまで。(ずっと前にマーマレードのビンを探していた時、スーパーの一番安いマーマレードがビンの値段より安かったこともありました。)またロンドンの高級食品店でも高価なマーマレードが手に入ります。(記録上最高額はひとびん1100ポンド16万5000円。ひとさじに換算するとスプーンひとつで7500円!)でもやっぱりホームメードが一番おいしいのはマーマレードは一回に作る量が限られているから。せいぜいオレンジ1キロくらいしか一度に作れません。また非常に手間がかかるので大量生産をしなければ割が合わないという理由もあるでしょう。

そこで、もし皆さんがイギリスにいらっしゃってマーマレードをお土産にしたいのであればお勧めは小さなお店で(できれば田舎の有名ではないファームショップなどで 地元の人が作ったマーマレード)買うことです。一番いいのはチャリティイベントなどで地元の婦人会のメンバーが作ったもの。おしいことはもちろんですが安い!ひとびん300円前後で買えます。

次回のブログでもうちょっとマーマレードのことを 書きますね。

1/11/2018

産経新聞にヴィーガン事情を寄稿してから。

昨年暮れの産経新聞にヴィーガンについての記事を書きました。うっかりしていてブログでお知らせすることができませんでしたが、関西に住むお客様が記事を切り抜いて送ってくださいました。





この記事がもとで産経新聞がヴィーガンについて興味を持ってくださって、10月に日本に行った際に電話でのインタビューを受け、その時の記事が数日前に掲載されました。この記事は、主に大阪でヴィーガンレストランを営む方と栄養士の意見が出ていました。

先日までイギリスに来ていた私の妹と姪が1週間くらいのイギリス生活で完ぺきヴィーガン食生活を送りましたが「なんだか体調がいいみたい。」と言って帰りました。でも日本ではまだ肉、魚、乳製品、卵を取らない食生活に疑問を持つ人が多く(産経新聞の記事の中での栄養士も「健康状態に問題がある人や成長段階にある子供にはヴィーガン食生活は勧めない」と言っています。)、西洋で研究、調査され発表されていることがまだまだ日本に浸透していないのが残念です。

確かにヴィーガン食生活に切り替えることはただ単に動物性のものをやめて野菜、果物を食べればよいのではなく、栄養面のことをよく調べる必要があります。またそれぞれの野菜、果物に含まれる 栄養は限られているので種類をたくさん食べる必要があります。肉や魚には多くの栄養が含まれています。「肉を食べれば元気になる。」というのはそのためかもしれません。でも成人病などに通じる悪いものも動物性食品に多く含まれているのもたしか。またヴィーガン食で不足しがちなビタミンB12(肉などに多く含まれますが、野菜から取るのが難しいのです)はサプリメントをのむか、常に気を付けてマッシュルーム(イギリスではボタンマッシュルームと呼ばれる白いマッシュルームや海苔など)などビタミンB12を含む食料を食べる必要があります。

「健康状態に問題がある人や子供にはヴィーガン食生活は良くない」のではなく、ヴィーガン食に切り替える前に学ばなければいけないことが多いというほうが正解でしょう。健康状態が良くないからヴィーガンに切り替えた人も多いですし(  元アメリカ大統領ビル.クリントンなど。https://www.aarp.org/health/healthy-living/info-08-2013/bill-clinton-vegan.html)、子供、お年寄りを含めて一家そろってヴィーガン食生活をしている人もいます。

環境汚染に関しても、人間が食べる肉に関して言えば動物農業 が環境に恐ろしく大きな被害を与えていることがわかります。下記はそのほんの一例です。

動物農業は世界の人口の約130倍の排せつ物を出し、他の全ての産業資源より水路を汚染しています。
― 米国観光保護局 
動物農業は すべての温室効果ガス排出量の18%を占めるのに対し(車、電車、飛行機、船などの)輸送排出量の割合は13%です。
ー 国連食糧農業機関
1カロリーの 植物性たんぱく質を生産するのに比べ、1カロリーの動物性たんぱく質を生産するには10倍の化石燃料が必要です。
ー アメリカ臨床栄養学会 
研究の結果、現在家畜に食べさせている食料は人間35億人分の食料に値することがわかっています。
ー国際連合

私は仕事でどうしてもヴィーガン料理を食べられない場合は、ヴェジタリアンのものを食べますので完ぺきヴィーガンとは言えませんが、娘たちは100%ヴィーガンです。

食材にも凝っていてなるべくオーガニック食材を使いますので、行けばいつもおいしい食事をご馳走してくれます。
先日、妹、姪と一緒に彼女たちを訪れた時も妹たちが聞いたこともないジャマイカ料理を作ってくれましたし、翌日はガラッと変わってハンバーガーとチップスで正にファーストフードでした。朝食はいつも「これだけで一日の栄養が取れているのでは?」と思うほど豪華なシリアル入りスムージーと決まっています。







先日、「今日は朝食は外で食べましょう。サドブリーにおいしいパン屋さんがあるから。」と連れて行ってくれたのがCradleというパン屋さん。娘たちが我が家に来る際に時々手土産に持ってきてくれるペイストリーはここのものです。




ここのパン、ペイストリーはまずは右にある機械で小麦をひくところから始まります。






ヴィーガンですからバターは使いません。でも出来具合は外がパリッとしていて美味。バター入りのクロワッサンと比べてさっぱりしたところが違うところです。通常クロワッサンを食べるときに指がバターでギドギドになることが良くありますが、それもありません。







ここではパン類しか食べられませんでしたが、ターメリックラテと共に最高に美味しい朝食でした。妹たちも感激していました。
 




以前もお話ししましたが、イギリスでは日増しにヴィーガン食が浸透していて私がヴィーガンになったときは外食や食物の買い出しで苦労したこともありましたが、最近はスーパーでも全く問題なく(ただし、私の住むウィンズロウのスーパーは別!)ヴィーガン食が手に入ります。数日前に大手スーパーのテスコで独自のブランドのヴィーガン新商品18種類が発表されました。ヴィーガン食に強いのはテスコとモリソンです。残念ながら以前は一番利用していたウェイトローズはヴィーガン食に関してはかなり遅れをとって、最近はほしいものが手に入らないのでご無沙汰しています。

アメリカの大手アイスクリームメーカーのBen & Jerryではすで数年前から乳製品を使わないヴィーガンのアイスクリームを販売していて我が家の、冷凍庫には少なくとも1,2種類のアイスクリームが入っています。さっぱりしていてとてもおいしいのです。

昨年12月に企画したヴィーガンツアーは残念ながら最小催行人数に達せず、実現しませんでした。かなり時間とエネルギーを費やして企画したのでとても残念です。食事は朝食からヴィーガン、ホテルもヴィーガンフレンドリーのホテルを選んだのですが、日本に行って、日本人向けにツアーを企画することがまだ早かったことを痛感しました。でも、いつかまた企画したいと思います。動物を苦しめず、環境維持を考えることが健康にもつながること、そしてそれを中心に企画する「思いやりのツアー」を催行することは正に私の夢です。


私は仕事で、どうしてもヴィーガン食が食べられない場合は、ヴェジタリアンを食べますが、 私は仕事で性たんぱく質を生産するのに比べ、1カロリーの動物性たんぱく質を生産するには10倍の化石燃料が必要です。
- アメリカ臨床栄養学会

研究の結果、現在家畜に食べさせてい
動物農業は、全ての温室効果ガス排出量の18%を占めるのに対し、(車、電車、飛行機、船などの)輸送排出量の割合は13%です。
- 国連食糧農業機関
る食料は人間  35億人分の食料に値することがわかっています。
- 国際連合
研究の結果、現在家畜に食べさせている食料は人間  35億人分の食料に値することがわかっています 国際連合100%ヴィーガンではありたちは完ぺきにヴィーガン生活を送っています。食材にも凝っていてなるべくオーガニック食材を使いますので、行けばいつもおいしい食事をご馳走してくれます。

1/07/2018

明けましておめでとうございます。




明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。




皆様、クリスマス、お正月はどのようにして過ごされましたか?そろそろお正月気分も薄れて通常の生活に戻られる頃ではないでしょうか?

我が家も、年末に妹と姪が来て素晴らしいおせち料理を用意してくれました。テレビの「ゆく年くる年」は見ることはできませんでしたが、それでも十分日本のお正月気分を楽しみました。この時期はいつも無性に日本が恋しくなりますが、それも今年は賑やかさで吹っ飛んでしまいました。

その彼女たちも昨日帰り、空港まで見送って家に戻ると主人がクリスマスの飾りを全て仕舞いこんで家の中はガランとしていました。こちらでは1月6日にクリスマスツリーをはじめクリスマスの飾りを片付けなければ不運に見舞われるという言い伝えがあるからです。それはクリスマスから数えて12日目に当たり、キリストが生まれた後東方の三博士がキリストに会いにやってきた日です。

おせち料理の前にクリスマス料理がありました。こちらはミートローフやケーキはまあまあの出来でしたが、やっぱりヴィーガン・ヨークシャープディングは失敗しました。まだまだ我が家のオブンと私は深く知り合う必要があるみたいです。でもあきらめずに頑張ります。できたらブログで写真を載せますので・・・・・と、宣言して絶対に成功させる気分になることが大事!







さあ、今日からマーマレード作りです。まずは8キロのオーガニックセヴィル・オレンジを買ってきました。

12/28/2017

今年もありがとうございました。

今年も私の「100%自分勝手なブログ」にお付き合いくださってありがとうございました。時々、初めてお会いするお客様から「ブログ、読んでいます」と言われ感激します。1,2回は偶然に私のブログに到着される方はいらっしゃっても定期的に読んでくださると聞くと、心の底から「えっ!本当?」と思ってしまします。

勝手なことを言いたい放題に書いているだけですが、少しでもイギリスの情報、特にイギリスへの旅を考えていらっしゃる方のお役に立てればという気持ちで書いています。

2017年は、わたしにとって長年住み慣れたロンドンを離れるという大変化が起こりました。「今しなければいつするの?」とここ数年特に考え続け、やっと実行できたわけですが、「思った通りの田舎生活」と思う時や、反対に「こんなはずじゃなかった」と思うこともないと言えばうそになります。でも田舎生活を送る経験ができたことは本当に宝だと思っています。そして、もっと若かったらもっといろいろなところに住んでみたいと思う気持ちが大きくなりました。環境を変えることは自分を見直すことや社会との関係の変化経験するなど色んな意味で素晴らしいことと思うようになりました。

環境を変えるということは住む場所を変えるということではなく、違う周囲に身を置くこと。私は引っ越しということでそれを経験しましたが、旅に出るのもひとつの方法です。そんな旅のお手伝いができることは私の歓びのひとつです。

皆さんにとって2018年が幸せと発展、そして世界が平和に向かう年でありますようお祈りします。

今日、雪が降りました。数時間で溶けてしまいましたが、ドライブの途中の雪景色を楽しむことができました。


12/24/2017

メリークリスマス !!!

クリスマスイブです。

皆さんのお宅ではどういうクリスマスを過ごされるのでしょう?日本は何と言ってもお正月が一年のメインイベントですからクリスマスは外食やパーティなどで盛り上がるのでしょうね。

















我が家では10年ぶりに家族全員11名が集合、引っ越してから初めての賑やかな クリスマスになりそうです。小さな家はまるでヴィクトリア駅のように混雑になるかも?

我が家では息子一家を除いてはヴィーガンなので、クリスマスディナーもヴィーガンです。昨日は24,25,26日の食事の計画を立て下準備が始まりました。孫のために甘さ控えの人参カップケーキ、クリスマスケーキ、クレメンタインオレンジ&チョコレートのケーキと、ケーキ類は昨日すべて焼きあがりました。明日は上にクリームを載せるだけ。25日はターキーの代わりに2種類のミートローフを。26日はインド料理です。


数年前に娘たちから送られたヴィーガンのケーキです。私のケーキとだいぶ違うなー。



さて、今年の課題はヨークシャープディング。息子から「クリスマスにはヨークシャープディングは欠かせないから僕は冷凍のものを持って行く。」と言われ、咄嗟に「もちろんヴィーガンヨークシャープディングも作る!」と宣言してしまいました。昔は自慢ではないのですが私のヨークシャープディングはけっこう好評だったんです。でも今までヴィーガンのものは成功したためしがありません。

そこで昨日は何度も何度も焼いて研究(?)しました。そしてやっとちょっと納得のいくヨークシャープディングができたのですが、膨らみがまだ足りません。ヨークシャープディングは膨らみが決めてですからぺっちゃんこものはヨークシャープディングではありません。当日(明日)膨んだら大成功。なぜなら味は卵、牛乳で作るものよりおいしいんです。

それでは皆さんも楽しいクリスマスをお迎えください。

メリークリスマス !!!

12/21/2017

「幸せ」について。

ちょっと早いのですが今年はクリスマス前後は忙しくなりそうなので今日、家から車で30分弱のところにあるスーパー巨大セインズブリーでクリスマスのための食糧の買い出しをしてきました。最近、「幸せ」について考えることがよくあります。それで、スーパーで買い物をしていても、他の人の様子が気になります。大きなクリスマスツリーが刺しゅうされた派手なセーターを着て、クリスマスツリーのイヤリングをして楽しそうに買い物をしている中年の女性、バーゲンを真剣に探しながら用心深そうにトロリーにものを入れていく女性、クリスマスなど関係ないと言うように‘いつもと同じ食料’を買っている男性・・・・

今年は久しぶりに我が家では家族全員が集合、車で3時間弱のところに住む娘たちは留守番の犬がいるので3,4時間しかいられませんが短時間でも家族が揃うのは楽しいことです。久々に大勢の食事を用意することになりました。

さて、前述の「幸せ」について考える機会を与えてくれたのは National Geographical Society(アメリカの地理学会)が毎月発行しているNational Geographicという雑誌です。




「世界で最も幸せな場所」という特集では、人々に「どのくらい頻繁に、微笑んだり笑ったりしたか?」「24時間の間にどのくらい頻繁に喜びを感じたか?」などの調査を行った結果が出ていました。

それによると、国としてはデンマーク、コスタ・リカ、シンガポールが筆頭に挙げられていました。デンマークは過去40年ヨーロッパでも「幸せな国」のトップのひとつで、「有意義で興味深く満足な暮らし」がその理由なようです。

シンガポールはアジアの中でも「幸せな国」トップで、ゼロから成功した起業家の例をあげていました。

この特集でのリサーチャーは「幸せな国」の条件を6つに特定しています。
1. 強い経済の発展
2.健康で長生き
3.社会との健康な関係
4.寛大性
5.信頼
6.個人の生き方を選択する自由

同じ国でも場所によって違うことは当然ですが、下の表は国別に「幸せの度合い」を示しています。





 日本とイギリスは100点満点の65~69点です。点数は複雑にリサーチされているために人数、幸福度の度合い、一日に感じた幸せ度などをすべて考慮して結果を出しています。







中でも私が注目したのはコスタリカのある男性の人生です。53歳の男性の仕事はマーケットでの野菜売り。でも売るだけではなくおしゃべりやジョークのやり取りをしながら楽しく毎日を送っています。マーケットでは彼を知らない人はいないくらいの有名人。他の食糧売りやその家族が病気になれば真っ先に募金に走るのも彼です。週末には人気はあるものの、負けてばかりいる町のサッカーチームの応援団のオーガナイズをします。

ある日、彼は宝くじに当たります。それは93,000米ドルという特にコスタ・リカでは膨大なお金です。貧しい家庭に生まれ、12歳で学校を退学、生きるために働き始めたのはいいのですがそれもうまくいかずアル中に。20歳で大失恋。そんな彼に93,000米ドルという大金が入れば普通だったら贅沢な生活を選ぶでしょう。

ところが彼は宝くじに当たって数週間後、以前と変わらずマーケットにやってきました。実は獲得したお金は全部使い果たしたようです。お金の行き先は1.宝くじを売ってくれたひとに。2.昔、貧乏だったころに食べ物を与えてくれたマーケットの商人に。3・マーケットで顔見知りの乞食へ。4・残りは彼の母親と彼の7人の子供の母親4人に。

それでもなお、「これ以上の幸福はない。」と言い切るこの男性の生き方にすごく感動させられました。

それではコスタ・リカという国はどんな国なのでしょう。地理的なことも関連しますが、国の医療福祉は整っていて、宗教心、平和の持続、平等、寛大さ、家族の絆などがすべて幸せに一役かっています。上記の男性には車や宝石、上等な洋服や電気製品などはありませんが、それらは幸せの対象とはならないことを表しています。南アメリカの他の国とは違い、少人数のお金持ちが国を仕切っているのではなく、「すべての人の平等」を心がけることが国として大切なことがわかります。少数の地主が土地を管理するのではなく、大勢の人が土地を持ち、コーヒー豆の栽培をしています。

なんだか、これを読んであまりに私の生活と違うことに驚き、そしてある一定の「幸せ」をめがけて突き進んでいることに疑問を持ち始めました。

2017年も残すところ僅かとなりました。いつもこの時期は来年の抱負について考えます。今年はちょっと違う角度から考えてみたいと思います。それは一般的な幸せではなく、「私にとっての幸せ」です。つまりどういう気持ちで人生を送るのが、私にとっての幸せかということです。

正にウィリアム・モリスの言葉通り、「生きることは芸術」ですね。